いさわ歯科医院

夜8時まで診療。あなたの街の歯医者さん|いさわ歯科医院

簡単ネット予約24時間受付

 

HOME»  コラム

コラム

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

院長の近況報告

飯田線つながり

1958年制作の東映映画、松本清張原作の「点と線」を観ました。
1958年2月に連載作品を加筆訂正後、光文社から出版されたものを、即映画化した様です。
この作品によって、今に続く根強い清張ブームが始まったそうです。
今でも、清張作品は主人公が次々に替わって、映画化・テレビドラマ化と、リメイクされ続けています。
1958年制作の東映映画は(たぶん)はじめて観た(テレビで)と思います。
60年も昔の作品で、(私が生まれた頃)知っている俳優といえば、犯人夫婦役の山形勲・高峰三枝子、志村喬、加藤嘉くらいで、志村喬は、黒澤明作品の「七人の侍」・「生きる」に出演していましたし、加藤嘉は、故加藤剛と共に「砂の器」にも出演していました。

ところで、何故、「点と線」かというと、犯人夫婦の奥さんが、時刻表マニアで、犯行を計画するのですが、映画の終盤で、中央線から飯田線に乗り換えるという夫婦の会話のなかで、乗換駅の辰野、伊郡、赤穂、市田、飯田、天竜峡など、次々と飯田線の主要駅名が出てきて、懐かしく思ってしまいました。

たまたま、同日の、平成30年10月20日付の朝日新聞の夕刊に、信州伊郡谷出身という人の投稿があって、偶然、両者が同日に結びついたわけです。

私が帰省する時は、飯田線で辰野駅から5・6番目の駅のどちらかで降りるのですが、投稿した人は、私より、20年位年輩の人の様ですが、江戸時代、人の移動が禁じられていた訳ではないのに、海の水が塩辛いという事を知らなかった事に驚きました。
日本昔話に「海の水は何故からい(塩辛い)」というのもありましたし、小学生の時、蒲郡(愛知県)の親類の家に海水浴に行ったこともありましたから、同じ伊郡谷出身とはいえ、こんなに時代較差があったのかと思うと同時に、その時、中央西線がまだ電化されていなかったので、蒸気機関車で蒲郡に行った記憶があります。
こうした事を隔世の感と言うのでしょうか?

 

海の水は何故からい(塩辛い)

2018-10-24 12:49:30

コメント(0)

たばこ社会に損失2兆5000億円

朝日新聞によると、厚労省は、たばこが社会に及ぼす総損失額が、2015年度には、2兆500億円に上るとの推計を発表しました。

以前、コラムで、2014年には、たばこの税収が、約2兆円で、喫煙と受動喫煙による医療費が、約1兆5000億円になり、厚労省の推計で、約5000億円のプラスになると述べましたが、今回の厚労省の発表では、たばこが原因の医療費に加えて、介護費用と火災による損失をあわせると、約2兆500億円になるというわけです。

昨年は、財務省に遠慮した訳ではないと思いますが、介護費用や、それに関わる人的・経済的損失はどれほどでしょう。厚労省にとっては、火災による経済的損失は、管轄外だったのでしょう。

それ故に、財務省は、紙巻きたばこや、iQOSに対して、増税を予定している様ですが、たばこ増税に伴う、喫煙者の減少や、医療医の減少の、一石二鳥をねらっているのでしょうか。

2018-08-29 15:39:02

コメント(0)

院長の近況報告

ロシアワールドカップが終わりました。
私が推していたベルギーは3位に終わりました。
育成が成功したベルギーは、前回のブラジルワールドカップでも、勢いに乗れば、ベスト4くらいにいけると思っていましたが、4年を経て、前回ドイツ同様、育成の成功の結果として優勝も夢ではないと思っていました。

FIFA・JFAともに、行動規範として、「勝つためにプレーする」・「最善の努力、どんな状況でも勝利のため、またひとつのゴールのために、最後まで全力を尽くしてプレーする」と記されているそうですが、ロシアワールドカップグループリーグで、日本は、ポーランドに0-1で負けているにもかかわらず、敢てゴールを目差すことなく、反則を犯すことなく、負けることを選択しました。今大会のグループリーグの規定のなかに、反則数=フェアプレーポイントの差で、セネガル・日本がともに0-1で負けた場合、日本の決勝トーナメント進出が決まるので、セネガルが0-1で負けることに賭けたわけです。

世界中の老若男女が注目している大会で、放棄試合ともとれる試合に、フェアプレーポイントという大会規定が、ブラックユーモアに思えました。

ロンドンオリンピックのバドミントン女子ダブルスで、対戦相手を回避する為に、故意に負けたとして、中国・韓国・インドネシアの4組8人が失格となりましたが、今大会の日本に処分はないのだろうか?

セネガルのシセ監督の冷静な指揮ぶりと、グループリーグ敗退の弁の潔さ、ベルギー対日本の試合を担当したセネガル審判団の公正な試合進行ぶりに、フェアプレー精神を見せられた気がしました。

2018-07-23 13:47:00

コメント(0)

「iQOS」について

以前のコラムの「歯周病2題」で、「iQOS」にふれましたが、米食品医薬品局(FDA)は、米国内での販売は、いまだ許可していないそうです。
厚労省は、3月、「加熱式たばこの主流煙に有害物質が含まれているのは明らか」とする見解を示した。と朝日新聞に掲載されました。(6月11日)

にもかかわらず、厚労省は「iQOS」他の加熱式たばこを販売中止にする気はない様です。
「iQOS」他の加熱式たばこの害が実証され、被害者が出るまで販売を容認し続けるのでしょうか?

以前、他のコラムで、たばこの害による医療費より、たばこ販売による税収が上まわるという新聞記事を転載しましたが、本当に今のままでいいのでしょうか?

厚労省は、国民の健康を守るのが仕事で、業界の利益の為にするのは、他省庁の役割だと思うのですが。

2018-06-18 17:41:14

コメント(0)

グレートトラバース2

6月6日、NHKBS2のグレートトラバース2、日本二百名山完全走破という企画が終了しました。(再放送らしい。)
実際は、2016年1月1日、鹿児島県佐多岬に到達しました。
内容は、プロアドベンチャーレーサー、田中陽希という人が、日本二百名山を人力(乗り物を使わず)で、一筆書きで、完全走破するというものです。(現在は三百名山を走破、あるいは走破中らしい。)

たまたま、5月の連休中、札所巡りの為、早起きしていたので、T.V.で観はじめました。ちょうど、百名山の終盤に近付いて、羅臼岳、斜里岳、利尻岳など、かつて登った山々も登場して、懐かしく観てしまいました。約1か月間、最終到達点の鹿児島県佐多岬まで、観続けてしまいました。
さすがに橋のない海峡や黒部ダム(湖)を泳いで渡ることはありませんでしたが。

私が登山を始めたのは、歯学部を卒業して最初に就職したのが甲府市の診療所で、たまたま山の会があったからです。
山梨県は狭い県なので、車があれば、近郊の山々は、ほとんど日帰りができました。
甲府にいた3年間は、毎週の様に山に登っていました。

北海道の山に登り始めたのは、学生時代、新潟~小樽間の日本海フェリーで、小樽を中心に北海道巡りをしていたことがあって、遠くから北海道の山々を眺めていたからだと思います。
働き始めて、休みは連休でも、2~3日くらいしかありませんが、飛行機を使えば、日帰り登山くらいはできるので、機会をみては登っていました。
しかし、甲府から羽田に出て、北海道の飛行場のある所から山登りですから大変です。コースタイムの6~7割で歩けるのですが、それでも、飛行機の出発時間に間に合わせる為、走って下山したこともあります。

現地に着いても、天気や登山路の関係で、泣く泣く、帰路の飛行機から、登山予定の山々を眺めたこともあります。

実は、結婚した嫁さんの実家が、「南アルプス天然水」で有名な甲斐駒ヶ岳の麓で、独身時代、さんざん登った山々もいっぱいあるのですが、嫁さんが登山に絶対反対なんです。
小さい頃から、山岳事故の事をいっぱい見聞きしているからでしょう。
私が、単独登山の時は、夏冬を問わず、登山届を出さないと言っているせいもあると思います。

追記、先日、利尻島で106年ぶりに羆(ひぐま)の足跡が発見されたそうです。
北海道本土から泳いで渡っただろうということです。
田中陽希がカヌーで渡るのを見て、命懸けだと思いましたが、羆はどんな思いで海を渡ったのだろうかと思います。

2018-06-11 16:20:50

コメント(0)

「ちびだら飲み」コーヒー

5月8日付朝日新聞に『「ちびだら飲み」コーヒーに新風』という記事が掲載されていました。

かつては、缶コーヒーは製造業(工場)や建築業を顧客の主流に想定して、味が濃く、短時間に飲める様、少量に設定してあったそうです。
ところが、最近は、製造業(工場)・建築業の就業人口が減少してきて、情報・サービス業に従事する、ITワーカーが増加してきて、2020年頃には、製造業(工場)・建築業の2倍をはるかに超える見込みだそうです。
また、甘さもさっぱりして、苦みや酸味の少ない味にしたところ、若者や女性に受けて、人気を集めはじめているそうです。
今まで、患者さんに「缶コーヒーを習慣的に飲んでいると、むし歯になり易いですよ。」と話していたのですが、「ちびだら飲み」コーヒーは、缶コーヒーが190mlで、一気に飲むこともできましたが、500mlもあるので、まさに「ちびだら飲み」することになります。
むし歯は、糖分が長時間口のなかに留まっている程、進行しますから、非常に危険なことだと思います。
「ちびだら飲み」コーヒーに限らず、自販機やコンビニの普及で、甘味飲料によるむし歯が多いと思っていましたが、今回の「ちびだら飲み」コーヒーで、どの程度の影響が出るか注目しています。

2018-05-11 16:12:17

コメント(0)

児玉三十三札所巡り

4月30日、歩き巡礼で、児玉三十三札所巡りの満願成就しました。
サンチアゴ・デ・コンポステーラには比ぶべくもありませんが、自力で歩いて満願成就したという達成感は、このうえもありません。

昨年の秋より右膝痛で、サッカーはおろかジョギングすらできなかったのですが、意を決して、残り四札所の巡礼を行いました。
サッカー・ジョギングから長く遠ざかっていたので、足に乳酸がたまり始めると、歩みが、ガクッと落ちるのがわかります。
特に三十三番目の札所は、ひたすら坂を登り続けた先にあるお寺なので、帰りが下り坂でなければ、どれほど時間がかかったかわかりません。
まずは、児玉三十三札所巡りの、歩き巡礼による満願成就の報告をするとともに、秩父三十四札所巡りの残り五札所も、今秋から今冬にかけて、年内に歩き巡礼での満願成就を果たす予定でいます。

2018-04-30 16:09:00

コメント(0)

歯周病2題

 朝日新聞によると、歯周病は認知症を悪化させるという。
 認知症の6割を占めるアルツハイマー病は、アミロイドβというタンパク質のゴミが脳の神経細胞にたまって、神経細胞が徐々に死滅することが原因とされていますが、歯周病菌やその毒素を攻撃するために、様々なサイトカインと呼ばれるタンパク質が増加すると言われています。それに伴って、アミロイドβも増加すると書かれていますが、サイトカインとアミロイドβとの相関関係についてはふれていません。

 iQOSという加熱式タバコが人気だそうです。しかし、歯周病を悪化させるという風評もあるようです。
 ある歯科医師で、歯科研究所の代表者によると、iQOSは発癌性で有名になった、タールがほとんど出ない事や、副流煙や臭いが気にならない事も、人気の理由らしい。しかし、タールには「抗炎症作用」や「抗ウイルス作用」などがあったために、タールによって抑え込まれていた歯肉の痛みや腫れといった歯周病の症状が顕在化したためだと説明しています。
 紙巻きタバコに比べてiQOSはメリットが多々ありますが、歯周病の危険因子であるニコチンが残っていることを忘れてはいけないと思います。

2018-02-07 10:18:03

コメント(0)

3DS(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)について

週刊新潮11月23日号の記事に、「3DS」についての記事があったので解説します。

といっても、記事を読んでいただければ概要は理解できると思いますが、簡単に言えば、マウスピースの内側に歯周病の予防薬を入れて歯周病の予防・治療をするという原理ですが、歯周病の予防薬の代わりに、フッ素塗布用ジェルを使えば、虫歯予防(フッ素塗布)に使えることは、以前から、フッ素塗布のトレー法というやり方で行われていました。
逆に言えば、このトレー法を歯周病予防に応用して、「3DS」と名付けたと言ったほうが正しいかもしれません。

当院のホワイトニングも、漂白剤をトレーに入れるという意味で、トレー法あるいは、「3DS」と言っていいと思います。

以前に、フッ素塗布法による虫歯予防効果は、単独では、40%~60%位と述べたことがあります。
やはり、ブラッシングやキシリトール・食生活改善など「3DS」と併用することが大切です。
歯周病予防・治療としての「3DS」も、一般的な歯周病治療や定期健診との併用が必要だと思いますし、実際にその一環として実施されているだろうと思います。

週刊新潮にも、約10万円と書かれていましたが、「3DS」は、自費治療です。

2017-11-25 10:13:11

コメント(0)

酸蝕症について(Ⅲ)

先日、民放テレビの朝の情報番組?で、「酸蝕症」と「食後30分以内に歯磨きはしないほうが良い。」といった内容の放送があって、「またか!」という思いにかられてしまいました。
終始、テーブルに座って見ていた訳ではなく、断片的な理解かもしれませんが、以前にコラムで述べた様に、某歯科大学の教授が、某民放テレビで、食後30分以内の歯磨きはしないほうが良いと発言して、現場で混乱を招いたため、業界誌上で、各界の専門家が、「間違いである。」とまで言わしめる事態になったことを思い出しました。

そこまで言わなくてもと思ったのですが、もし、興味があれば、私のコラムの「酸蝕症について」(Ⅰ)・(Ⅱ)を読んでいただければと思います。

週刊誌やテレビ、あるいはネット等で、センセーショナルなフレーズだけがひとり歩きする事が多く、某歯科大学教授も、「酸性飲食物摂取直後のブラッシングを避ける。」という意味で発言したと思うのですが、「酸性飲食物の摂取をした場合」という前提条件をカットしたフレーズだけがひとり歩きしてしまった訳です。現場の混乱を受けて、業界誌上で、専門家が、「誤りである。」と言わざるを得ない事態に発展して、いまさらながら、マスコミの影響力の怖さを思い知らされました。

2017-08-31 13:49:18

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5