いさわ歯科医院

夜8時まで診療。あなたの街の歯医者さん|いさわ歯科医院

簡単ネット予約24時間受付

 

HOME»  コラム»  歯周病について

歯周病について

  • 件 (全件)
  • 1

歯周病2題

 朝日新聞によると、歯周病は認知症を悪化させるという。
 認知症の6割を占めるアルツハイマー病は、アミロイドβというタンパク質のゴミが脳の神経細胞にたまって、神経細胞が徐々に死滅することが原因とされていますが、歯周病菌やその毒素を攻撃するために、様々なサイトカインと呼ばれるタンパク質が増加すると言われています。それに伴って、アミロイドβも増加すると書かれていますが、サイトカインとアミロイドβとの相関関係についてはふれていません。

 iQOSという加熱式タバコが人気だそうです。しかし、歯周病を悪化させるという風評もあるようです。
 ある歯科医師で、歯科研究所の代表者によると、iQOSは発癌性で有名になった、タールがほとんど出ない事や、副流煙や臭いが気にならない事も、人気の理由らしい。しかし、タールには「抗炎症作用」や「抗ウイルス作用」などがあったために、タールによって抑え込まれていた歯肉の痛みや腫れといった歯周病の症状が顕在化したためだと説明しています。
 紙巻きタバコに比べてiQOSはメリットが多々ありますが、歯周病の危険因子であるニコチンが残っていることを忘れてはいけないと思います。

2018-02-07 10:18:03

コメント(0)

歯周病菌は死なず。

マッカーサーには失礼ながら、歯周病菌は簡単には撲滅できないことが解ってきました。つい数年前までは患者さんに、歯がなくなれば、歯周病はなくなると申し上げてきました。確かに歯がなくなれば、歯に関しての歯周病はなくなります。

しかし、ある特定の歯周病菌は、口のなかの細胞のなかに入り込んで、生き続けていると言うのです。歯周病菌は、複数の歯周病菌が、バイオフィルムという、共同体をつくって、助けあいながら、いろんな毒素を出しあっているのです。
 口のなかが不衛生だったり、総入れ歯になっても、入れ歯を不潔にしていれば、バイオフィルムは、増殖し続けます。
 よく高齢の方が肺炎で亡くなりますが、なかには、讌下性肺炎あるいは、誤讌性肺炎と呼ばれる、口のなかの歯周病菌が肺に入り込んでしまう場合があると言われています。
 歯が一本もなくなっても、歯周病菌は口のなかで生き続けていると言うのです。
 歯周病菌のなかでも、P.G.菌という悪性度の高い菌がありますが、先程の口のなかの細胞のなかに入り込んで生き続けているというのは、そのP.G.菌なのです。
 P.G.菌は血液の鉄分が大好きなので、歯肉からの出血があると、増殖して、歯周病がすすみます。以前から歯肉からの出血があるのは歯周病の活動期(進行期)であると言われてきましたが、先程のP.G.菌の増殖とよく合致します。
 歯肉からの出血がある方は、歯周病の検査をおすすめします。


2015-11-06 15:27:54

歯周病について①

歯周病について、皆様はどの様なイメージをお持ちでしょうか?歯周病の基本的な病態は、単純に言えば、歯の根のまわりの骨(歯槽骨)が解けてなくなっていき、放っておくと、最後には、歯が抜けてしまう病気です。20代、80%以上の人が罹患しているといわれてみますが、自覚症状が出ているのが中年以降になってからが多... 続きを読む

歯周病について、皆様はどの様なイメージをお持ちでしょうか?歯周病の基本的な病態は、単純に言えば、歯の根のまわりの骨(歯槽骨)が解けてなくなっていき、放っておくと、最後には、歯が抜けてしまう病気です。20代、80%以上の人が罹患しているといわれてみますが、自覚症状が出ているのが中年以降になってからが多いので、なかなか若い人にはその恐ろしさが理解できないと思います。しかし、中年以降の歯の喪失の最大の原因であり、いっぺんに何本もの歯が抜けたり、次々と櫛の歯が抜けるように歯を失っていきます。むし歯の様に、一本だめになって、それで終わりというわけにはいきません。
また、歯周病は細菌による感染症であります。それも、一種類の菌による一般的な感染症と違って、細菌叢と呼ばれる複数の細菌による複合体であり、しっかりスクラムを組んでいる為、ある特定の薬剤によって、完治・根絶できるというものではなく、一時的な対処療法として症状を抑えることはできても、再発していきます。細菌叢を根絶することは、容易にできないのです。
また、歯周病の怖いのは、全身症状を悪化させたり、ひき起こすことがあります。例えば、細菌性心内膜炎などの心疾患、動脈硬化、誤嚥性肺炎、糖尿病、早産や低体重児、腎炎、関節炎などの原因として、歯周病、歯周病菌があげられています。

では、歯周病には、どんな自覚症状から見分ければ良いでしょうか?以下列挙します。歯をみがくと出血する。歯がグラつく。歯肉が赤味をおびて、腫れている。膿が出る。歯と歯の間がすいて、ものがつまる。歯が長くなった様にみえる。口臭がある。あるいは口臭があると人に言われる。朝起きると口の内がネバつく。歯が浮いた様な気がする。等のチェックポイントがあります。他に自覚症状がなくても、タバコをすう。鼻炎等で、鼻がいつもつまっていて、口で呼吸したり、口をあけている。仕事が忙しくて、生活が不規則で、いつもストレスがある。両親かどちらかが歯周病だった。歯ぎしりやくいしばりがある。特定薬剤を長期間服用している。中年になった。などがあげられます。以上の自覚・他覚症状のうち、いくつか思いあたることがあれば、是非歯科医院の受診をおすすめします。たとえ、歯周病でなくても、自覚症状のないムシ歯が発見されるかもしれません。歯周病もムシ歯も、早期発見・早期治療が望ましいですし、定期健診による予防に優る治療はないと思います。


2015-11-06 15:25:26

歯周病について②

今回は歯周病の予防と治療について、特に歯磨きについて述べたいと思います。

まず、皆様ができる予防と治療の最高の手段は歯磨きです。『何を今さら、そんな事は知っているよ。やっているよ。』と思われる人がほとんどでしょう。でも、実は、それが本当は難しいのです。よく、患者さんにお話しするのですが、磨いていることと、磨けていることとは、大きな違いがあります。


磨いていても、本当に磨いてほしいところが磨けていないことが、多々あります。歯の種類や場所(部位)によって、磨き方が違いますし、歯ブラシではなくて、歯間ブラシ(インターデンタルブラシ)、糸ようじ(デンタルフロス)、スーパーフロス、タフトブラシといった特別な道具を使った方が、よく磨ける場合があります。そうした磨けていないところを指摘して、歯の磨き方やいろいろな道具の紹介や使い方を指導するのが、歯科医師や歯科衛生士です。

子供さん達が、学校で歯を赤く染めて帰ってくることがあると思います。いざ、実際にご自分でやってみると、こんなに磨いているのに、磨けていないので、ガックリすると思います。でも、大事な事は、磨けていないのに、磨いたつもりで、みすみす歯周病を悪化させていくのではなく、磨けていないところを、いかに磨けるようになって、今以上に歯周病を進行させないこと。あるいは、より歯周病を改善させていくことだと思います。

次に、電動はブラシと歯磨き粉(歯磨剤)について述べます。

電動歯ブラシについては、上手に使えば、とても効率よく磨けますが、専門家に磨き方の指導を受けてからの方が無難だと思います。というのは、磨き方を間違えると、歯の表面や歯の根元を削ったり、歯茎を傷つけてしまうことがあります。特に、歯磨き粉(歯磨剤)をつけて磨くと、一般的に、研磨剤が入っていることが多いので、歯が削れ易いです。

また、長時間磨き続けると、やはり、歯が削れたり、歯茎が傷つき易いので、タイマーがついているもののほうが、ベターだと思います。

歯みがき粉(歯磨剤)については、歯を白くする、歯を丈夫する、歯周病に効く、といったものが多数ありますが、基本的には、何もつけずに磨いて、最後に、仕上げに好みの歯磨き粉(歯磨剤)を少量つけて磨くと良いと思います。

先程述べました様に、歯磨き粉(歯磨剤)には、一般的に研磨剤が入っていることが多いので、大量につけて、乱暴に磨くと歯が削れたり、歯茎が傷ついてしまうことがあります。

また口中が泡だらけになると、磨いたつもりになっても案外磨けていないことが多いです。


2015-11-06 15:24:40

歯周病について③

歯周病の治療について、歯科医院では、どんな治療をするか述べたいと思います。
歯の磨き方(刷掃指導)については概に述べましたが、まず第1にする事は、歯垢(プラーク)や歯石の除去です。
患者さんに解り易く説明するために「歯石をとります。」「歯の汚れをとります。」「歯の掃除をします。」といった言い方をしますが、実は、歯周病で最も良くないものは、歯垢(プラーク)です。

これは、実は細菌のかたまりで、これが歯周病を悪化させます。
そして歯垢(プラーク)が古くなって、固くなったものが、歯石です。
そして、歯垢(プラーク)は、歯磨き指導(刷掃指導)の時、赤く染め出しをしますが、歯垢(プラーク)は、全てが染め出されている訳ではありません。また、歯みがきでは、落とせない歯垢(プラーク)もあると言われています。
歯石はもちろん、こうした歯垢(プラーク)を落とすのが、歯石除去(スケーリング)あるいは、歯面研磨と呼ばれる治療です。
ハンドスケーラーと呼ばれる道具でカリカリと歯石をとったり、超音波スケーラーやエアスケーラーと呼ばれる振動する機械で、ジーという音を出しながら歯垢(プラーク)や歯石をとります。
また、電動歯ブラシのような機械を使って着色を落としたり、歯面研磨します。
その他様々な道具を使って汚れを落としたり、歯の表面を磨いて、歯垢(プラーク)や歯石を落としたりします。

PTC(プロフェッショナルトウースクリーニング)PMTC(プロフェッショナルメカニカルトウースクリーニング)と呼ばれるものがありますが、歯垢除去(スケーリング)に比べると、歯垢(プラーク)、歯石が付着しにくくする為の行為に比重がかかっている様に思います。
いずれにせよ、患者さん自身ではとれない歯垢(プラーク)・歯石を除去し、さらにつきにくくする治療です。定期健診の必要性は、この治療にあると思います。

次に、歯石除去(スケーリング)あるいは、歯面研磨だけではとりきれないもの、あるいは、さらに重症な歯周病の場合、麻酔をして、外科的な治療をします。歯肉を切開して、歯の根の深いところの歯垢(プラーク)や歯石をとったり、歯肉の整形や移動をしたり、歯のまわりの骨(歯槽骨)の整形をします。また、逆に、(人工の)骨を埋め込んだり、骨やまわりの組織を再生させる薬や膜を、骨の欠損部にうめたりします。こうした、組織の再生を目的にした治療を再生療法といいます。

他に、咬み合わせが悪くて歯周病が悪化している場合には、咬み合わせの調整を行ないます。
また仮歯を入れて、噛み合わせを安定させたりします。また歯並びに原因があれば、歯列矯正も行います。また、咬み合わせや、歯磨きの難しい歯、あるいは、残すことが難しい歯を積極的に抜歯することもあります。

また、薬剤による歯周病の治療もあります。
従来は、先に述べた治療の補助的な役割ではありますが、将来はもっと研究されて、普及してくるのではないかと思います。具体的には、抗生剤などの薬剤を服用したり、うがい薬として使うだけですが3DSと呼ばれる方法は、マウスピースの様なトレーのなかに薬剤を入れて、長時間口腔内に薬剤を作用させる方法です。これは、歯周病が細菌の感染症である事を考えると、ピロリ菌の駆除療法同様、歯科でも駆除療法が確立される日が来るかもしれません。そして、これは、虫歯の予防にも応用がきくはずです。


2015-11-06 15:23:51

歯周病がひどくなる人はここが問題

むし歯と同じように歯周病も、細菌がつくるバイオフィルムが原因で起きますが、それだけでなく、いくつかの要因が重なっておきています。歯周病を引き起こしたり、悪化させるような要因をいくつかあげていきます。要注意!



病の最大の敵タバコ!!!
タバコが体に悪いことは誰でも知っていることですが、歯の健康にも非常に害があります。タバコを吸っている人ほど歯周病の進行は早く、禁煙しないかぎり、歯周病の治療も効果があがりません。タバコを吸うと、末梢血管が収縮します。歯肉の血液循環も当然悪くなります。そのため、 歯周病になると、歯周病によって起こる炎症の治りが悪くなります。
また、体の抵抗力も弱まり、体を守る働きや自己修復する働きを狂わせてしまいます。タバコを吸うことは、体にとっても歯にとっても「ゆるやかな自殺行為」なのです。
★対策
禁煙以外にはありません。ストレス解消にはタバコが必要だという人もいますが、タバコなしでストレスを解消する方法はいくらでもあります。タバコを吸わない人はどうしているかを参考にしてはいかがでしょう。

糖尿病と歯周病の深い仲?
タバコとならんで歯周病に大きな影響を与えるのが、糖尿病です。糖尿病患者が歯周病になりやすく、悪化させることが多いことがわかっています。血糖値が高くなると傷が治りにくいことや、唾液が出にくくなることが関係しています。歯周病は歯ぐきの炎症から起こりますが、炎症もなかなかおさまってくれません。また、唾液は口の中で水をまいて清掃する散水車のような働きをしています。この水がたりないのですから、歯周病もどんどん進行していきます。歯周病をほうっておくと、糖尿病になる危険性があるし、糖尿病予備軍の人や、すでに糖尿病の人は、歯周病の治療をしないと、ますます悪化してしまう危険性があるのです。

対策
まず食べ過ぎに注意し、ゆっくりよく噛むこと。次にとくかく歩く、エレベーター、エスカレーター、動く歩道は使わないなど、日ごろから体を動かすことを心がけましょう。

知らず知らずに歯をくいしばっていませんか?
噛みしめや歯ぎしりも歯ぐきを痛める原因になります。無意識に歯を噛みしめると想像以上に強い力が歯にかかります。歯ぐきに炎症が起きているところに歯ぎしりや噛みしめの強い力がかかると、歯を支える組織の破壊が急速に進んでしまいます。歯ぎしりや噛みしめは精神的ストレスが考えられます。また、運動するときなどに無意識で歯を食いしばっているものですが、それが習慣になってしまっている人もあるようです。

対策
ストレスの解消法を見つけることが大切です。噛みしめる癖を治すには、自分の歯に合ったマウスピースのようなスプリントを歯科医院でつくってもらうとよいでしょう。

「DENTIST EYEより」


2015-11-06 15:22:50

  • 件 (全件)
  • 1