歯周病について③

歯周病の治療について、歯科医院では、どんな治療をするか述べたいと思います。
歯の磨き方(刷掃指導)については概に述べましたが、まず第1にする事は、歯垢(プラーク)や歯石の除去です。
患者さんに解り易く説明するために「歯石をとります。」「歯の汚れをとります。」「歯の掃除をします。」といった言い方をしますが、実は、歯周病で最も良くないものは、歯垢(プラーク)です。

これは、実は細菌のかたまりで、これが歯周病を悪化させます。
そして歯垢(プラーク)が古くなって、固くなったものが、歯石です。
そして、歯垢(プラーク)は、歯磨き指導(刷掃指導)の時、赤く染め出しをしますが、歯垢(プラーク)は、全てが染め出されている訳ではありません。また、歯みがきでは、落とせない歯垢(プラーク)もあると言われています。
歯石はもちろん、こうした歯垢(プラーク)を落とすのが、歯石除去(スケーリング)あるいは、歯面研磨と呼ばれる治療です。
ハンドスケーラーと呼ばれる道具でカリカリと歯石をとったり、超音波スケーラーやエアスケーラーと呼ばれる振動する機械で、ジーという音を出しながら歯垢(プラーク)や歯石をとります。
また、電動歯ブラシのような機械を使って着色を落としたり、歯面研磨します。
その他様々な道具を使って汚れを落としたり、歯の表面を磨いて、歯垢(プラーク)や歯石を落としたりします。

PTC(プロフェッショナルトウースクリーニング)PMTC(プロフェッショナルメカニカルトウースクリーニング)と呼ばれるものがありますが、歯垢除去(スケーリング)に比べると、歯垢(プラーク)、歯石が付着しにくくする為の行為に比重がかかっている様に思います。
いずれにせよ、患者さん自身ではとれない歯垢(プラーク)・歯石を除去し、さらにつきにくくする治療です。定期健診の必要性は、この治療にあると思います。

次に、歯石除去(スケーリング)あるいは、歯面研磨だけではとりきれないもの、あるいは、さらに重症な歯周病の場合、麻酔をして、外科的な治療をします。歯肉を切開して、歯の根の深いところの歯垢(プラーク)や歯石をとったり、歯肉の整形や移動をしたり、歯のまわりの骨(歯槽骨)の整形をします。また、逆に、(人工の)骨を埋め込んだり、骨やまわりの組織を再生させる薬や膜を、骨の欠損部にうめたりします。こうした、組織の再生を目的にした治療を再生療法といいます。

他に、咬み合わせが悪くて歯周病が悪化している場合には、咬み合わせの調整を行ないます。
また仮歯を入れて、噛み合わせを安定させたりします。また歯並びに原因があれば、歯列矯正も行います。また、咬み合わせや、歯磨きの難しい歯、あるいは、残すことが難しい歯を積極的に抜歯することもあります。

また、薬剤による歯周病の治療もあります。
従来は、先に述べた治療の補助的な役割ではありますが、将来はもっと研究されて、普及してくるのではないかと思います。具体的には、抗生剤などの薬剤を服用したり、うがい薬として使うだけですが3DSと呼ばれる方法は、マウスピースの様なトレーのなかに薬剤を入れて、長時間口腔内に薬剤を作用させる方法です。これは、歯周病が細菌の感染症である事を考えると、ピロリ菌の駆除療法同様、歯科でも駆除療法が確立される日が来るかもしれません。そして、これは、虫歯の予防にも応用がきくはずです。