歯周病菌は死なず。

マッカーサーには失礼ながら、歯周病菌は簡単には撲滅できないことが解ってきました。つい数年前までは患者さんに、歯がなくなれば、歯周病はなくなると申し上げてきました。確かに歯がなくなれば、歯に関しての歯周病はなくなります。

しかし、ある特定の歯周病菌は、口のなかの細胞のなかに入り込んで、生き続けていると言うのです。歯周病菌は、複数の歯周病菌が、バイオフィルムという、共同体をつくって、助けあいながら、いろんな毒素を出しあっているのです。
 口のなかが不衛生だったり、総入れ歯になっても、入れ歯を不潔にしていれば、バイオフィルムは、増殖し続けます。
 よく高齢の方が肺炎で亡くなりますが、なかには、讌下性肺炎あるいは、誤讌性肺炎と呼ばれる、口のなかの歯周病菌が肺に入り込んでしまう場合があると言われています。
 歯が一本もなくなっても、歯周病菌は口のなかで生き続けていると言うのです。
 歯周病菌のなかでも、P.G.菌という悪性度の高い菌がありますが、先程の口のなかの細胞のなかに入り込んで生き続けているというのは、そのP.G.菌なのです。
 P.G.菌は血液の鉄分が大好きなので、歯肉からの出血があると、増殖して、歯周病がすすみます。以前から歯肉からの出血があるのは歯周病の活動期(進行期)であると言われてきましたが、先程のP.G.菌の増殖とよく合致します。
 歯肉からの出血がある方は、歯周病の検査をおすすめします。