子どもの歯を守ろう!

子どもの虫歯予防において一番大切なことは、親の仕上げ磨きです。

仕上げ磨きのすすめ 六歳臼歯がそろうまで

いつ、どのように磨けばよいのか、どのように磨けばよいのか、いつまで必要なのか。
今回は小さなお子さんをお持ちのお母さんへの「仕上げ磨きのすすめ」です。
大人でも、毎日ブラッシングしているにもかかわらず、虫歯になってしまうことがあります。
そのくらいブラッシングは難しいもので、小さな子どもにとっては、なおさら。
本人に任せきりにはできません。
仕上げ磨きは、寝る前にするのが最も効果的といえます。
無理なら一日一回、子どもの機嫌のよいときに始めましょう。
スタイルは寝かせ磨きがよいでしょう。

 

幼少の時期は嫌がる子も多いようですが、お乳を飲ませるようにだっこして磨けば、うまくいきます。
また、子どもを歯科医院で治療するときのようにテーブルに寝かせ、親はいすに座って磨いてみるのもいいでしょう。
子どもの頭が安定して、歯が奥までよく見えます。
とにかく、親子とも楽であればよいのです。
歯ブラシは、子どもが使うものと仕上げ専用のものと、2本準備します。
できるだけ小さく、毛先の開いていないものがよいでしょう。
 

持ち方は、鉛筆を持つようにして、歯をよく見ながら上下の表、裏、噛み合わせをていねいに磨きます。
とりあえず、六歳臼歯、四本が生えそろうまでは毎日磨いてあげたいものです。
早く子どもの仕上げ磨きから開放されたいと思っているなら、子どもが上手に磨けるように頑張りましょう。
仕上げ磨きを卒業しても、第二大臼歯が生えそろう小学五?六年生のころまでは、ときどき点検が必要です。
優しく磨いてあげると、眠たくなるほど気持ちがよいもの。
スキンシップのラストチャンスになります。
同時に爪や耳の点検をしてあげるのもよいでしょう。
虫歯のないしっかり噛める永久歯ができあがれば、仕上げ磨きの役割はおしまい。
目標は、自分で自分の歯が守れる子どもに育てることです。