1本の歯を大切に

1本の歯を失うことは他の歯への負担を増やし、更に他の歯を失う引き金となります。また食事の能率を減じ、歯並びも悪くなります。歯を次々と失うことになれば、単に咬めない、見た目が悪い、発音しにくいと言ったこと以上に、咬み合わせの異常から顎関節症という、アゴの関節の異常を引き起こすことがあります。これは単にアゴの関節の異常にとどまらず体全体の異常を引き起こす事もありますから、虫歯・歯周病を問わず歯を失うことやそれを放置することは非常に危険なことです。また虫歯や歯周病を放置すること自体、その病原菌によって全身的な影響が出ることがありますから、やはり好ましくありません。特に、他に全身的疾患がある場合、特に危険です。

 

では、1本の歯を大切にするということはどういうことかと言うと、やはり虫歯にせよ歯周病にせよ、定 期健診と早期治療につきると思います。虫歯も歯周病も、放置していて悪化することはあっても自然治癒することはありません。早期発見と早期治療が簡単で短期間の治療で済ませるポイントです。放置すればする程歯を失う可能性がどんどん高まると考えて下さい。