定期健診について

半年~1 年に 1 回の定期健診をお勧めします。歯磨きは磨いているつもりでも案外磨けていないものです。「磨いている」イコール「磨けている」ではありません。磨き残しは歯垢となって虫歯や歯周病の原因となります。定期健診の第 1 の目的と効用は、こうした初期の虫歯や歯周病の早期発見・早期治療にあります。初期の虫歯や歯周病であれば治療も簡単で早く済みます。
場合によっては経過観察にして次回の定期健診まで様子を見ることになるかもしれません。
歯磨きなどの予防について、再度意識を高めることにつながります。
定期健診の第 2 の効用は、すでにかぶせたもの、詰めたものの点検ができることです。

 

自覚症状がでてからでは手遅れの場合があります。定期健診の効用の第 1 は早期発見・早期治療ですが、過去に治療した部位についても同様です。
過去に治療したということは、やはり虫歯や歯周病になりやすかった部位であることと同時に、人工物が施されているという点で、より一層のメンテナンスを要求されているのです。どんな高価な治療がなされたとしても、定期健診=メンテナンスを怠っていると、もつべきものももたないことがあると思って下さい。

定期健診の第 3 の目的は、小児の虫歯、歯並び・咬み合わせ・及び指しゃぶりなどの口腔習癖のチェックです。小児の虫歯は進行が早いので、 3 ~ 4 ヶ月毎の健診をおすすめします。
そして、歯並び・咬み合わせ等のチェックも、 3 ~ 4 ヶ月毎の健診をおすすめします。

小児のそうしたことの変化は、急速な場合があります。経過観察のなかで、自然に治ったり、消失していくものもありますが、逆に早期の治療を必要とするものもあれば、計画的な管理を必要とするものがあります。
そうしたことの判断や経過を観察するうえで、 3 ~ 4 ヵ月毎の定期健診をおすすめします。こまめに歯の状態をチェックするためにも、定期健診を受けましょう。