歯の磨き方について

歯科衛生士 沼口

当医院では、歯周治療が一通り終わった後患者さんに一人一人に歯ブラシ指導を行っています。

普段、自宅で使用している歯ブラシを持ってきていただき、小さいころやったような赤い染め出し液を使って歯全体に湿布し、患者さんに鏡で見てもらいながら、どんだところが染まって磨き残されているかを確認してもらっています。私達から見て一見きれいに磨けているような方でも、染め出してみると大半の方が染め出されてきます。

 

一番多く見られるのは、歯と歯の間の磨き残しです。歯の表面はきれいに磨けていても、やはり間には歯ブラシがあてずらいのがわかります。

ここで重要な事は歯ブラシの当て方、動かし方です。

歯周病の原因となっている白いネバネバしたものを歯垢(プラーク)と言いますが、それを歯ブラシで落とすには、なるべく歯ブラシの毛先を主に用います。その為、歯ブラシの毛先が歯肉の方に向いていたり、逆の方向に向いていたりすると、なかなかプラークは落としていけません。あくまでも毛先で落とす事を考えて、歯ブラシの毛先はまっすぐ歯に向けてあててください。

次に動かし方です。歯と歯の間に歯ブラシをあてる動かし方のコツとして、小さな横磨きがあります。なるべく1本の歯に対して長く歯ブラシをあててもらう為にも、大きく動かすことは適切ではない事がわかります。

歯ブラシを大きく動かしてしまうと、歯間に歯ブラシがあたりずらいだけでなく、歯が削れてきてしまったり、歯肉を傷つけてしまったりなどの欠点が出てきます。歯が削れてしまうと、冷たい物がしみたりする(知覚過敏)などの症状がでてくるので、歯ブラシは小刻みに動かしましょう。

このような動きをした上で、歯ブラシする時間を多く取れる際には歯間ブラシ、糸ようじ(デンタルフロス)などの補助的な道具の併用をおすすめします。

歯間ブラシというのは、歯と歯の間をお掃除するためだけの歯ブラシであり、歯ブラシでは届かないところに最適です。間のスペースが小さいところに無理して通すことはないので、入るところにだけ通すようにしてください。

又、糸ようじ(デンタルフロス)は歯間ブラシが入らないところや、前歯などに最適だと思います。2本の歯の間にゆっくりと糸を通して、間をお掃除してください。

歯周病治療には患者さんが行う歯磨き(ホームケア)と私達歯科医院が行う歯石除去(プロフェッショナルケア)などが合わさって効果が出てきます。患者さんとの共同作業として、医院に来ていただいた時には私たちも一生懸命、治療、歯ブラシなどのアドバイスをさせていただきますので、一緒に頑張っていきましょう。