酸蝕症について

酸蝕というと、難しい言い方ですが、簡単に言えば、酸性の化学薬品や飲食物で歯が溶けてしまうことです。
昔はメッキ工場やガラス工場で、薬品によって、歯が溶けてしまう様な職業病的なイメージがありましたが、今は違います。


最近は、清涼飲料水・スポーツドリンク・ワイン・ハーブティー・果汁(果汁ジュース)・サプリメント(健康酢やビタミン類)難しい言い方をすれば、酢酸(食酢)・炭酸・クエン酸・アスコルビン酸(ビタミンC)などです。
あるいは、逆流性食道炎・拒食症・による胃酸もあります。100%酸蝕症と言えないまでも、虫歯の進行を助長するものとして、酸蝕症の原因とされる飲食物が挙げられると思います。
食事のあと、いつ歯磨きをしたら良いか?という論争がありましたが、私はあまりこだわらなくても良いかと思います。
ただ、酸蝕症の見地から言えば、飲食の後には、口をゆすぐか、お茶(糖や酸を含まない緑茶や麦茶など)を飲んだら良いのではないかと思います。