知って助かる歯の応急処置 -鎮静剤過信せず、早めに歯科医院へ-

  • HOME
  • コラム
  • その他
  • 知って助かる歯の応急処置 -鎮静剤過信せず、早めに歯科医院へ-

「あ~あ、こんなに痛むのだったら早く歯医者さんに行っておくんだった」

 

こんな思いをしたことはありませんか?
今回は、急に歯が痛くなったときの応急処置の仕方をご紹介します。




 

 

●むし歯で痛いとき

 

激しい歯痛は、むし歯の穴が深く、そこに食べ物のカスが詰まって神経が刺激されて起こる場合が多く、それを取り除いてやれば楽になります。
異物は歯ブラシやうがいで取れることもありますが、それでもだめなら鏡を見ながら歯間ブラシやフロスやピンセットなどを使って丁寧に取ってください。
後はぬるま湯でうがいをしてオキシドールで拭くか、脱脂綿に希ヨードチンキを含ませて塗ったり、クレオソート(正露丸など)を少量詰めておいてもよいでしょう。
冷たい水を口に含んだり、逆にお湯を含むと楽になる場合があります。
もちろん、その歯ではなるべく噛まないことです。
しかし、むし歯がさらに進行して、顎まで腫れてきたりするとかなり重症です。
そのような時は同様に処置をしたうえで患部を冷やし身体も安静に保ってください。

 

 

●歯周病(歯槽膿漏)からくる痛みのとき

 

歯ぐきが腫れ、歯がぐらつくような場合や、以前から歯ぐきの出血や口臭などがあった場合は、歯周病が原因と考えられます。
歯ぐきが腫れたところからウミが出る程になると、痛みもひどいことが多いようです。
うがい薬などで頻繁にうがいをして口の中を消毒し、清潔な状態にすることが大切です。
湿布も効果がある場合があります。
また、痛み止めは、このような状態の時はあまり効かないようです。

 

 

●親知らずが痛いとき

 

親知らずが原因で歯ぐきが痛くなった場合は、柔らかめの歯ブラシで親知らずの周りをしっかり磨き、清潔にしてください。
うがい薬でブクブクうがいをした後、患部を冷やしてください。
鎮痛剤は一時的に効果がありますが、使用限度を超えて服用すると副作用が生じる場合がありますので、ご注意ください。

昔からいわれている方法として、痛い方の手の親指と人差し指の付け根に歯のツボがあり、そこを強く押さえることによって痛みが和らぐとか、梅干しの果肉を頬に張ることで楽になるとも言われています。
以上は、あくまで応急処置です。

 

一時的に痛みがひいても、口の中の病気に関しては自然に治ることはありません。
早急に歯科医院で治療を受けてください。