インプラント(人工歯根)について

インプラント(人工歯根)は、歯を失ったところの骨に、金属(一般的に)のねじの様なものを埋め込んで、その上に冠(クラウン)をかぶせて天然の歯(自分の歯)と同じ様に咬める様にする治療です。入れ歯(有床義歯)やブリッヂ(橋義歯)とは違います。入れ歯の場合、とりはずしのできる人工の歯ですが、経験のある方ならおわかりと思いますが、異物感が大きく、天然の歯の様には咬めないと思います。

ブリッヂは、両隣あるいは片側にある天然の歯を削って、歯のないところに橋渡しする様に(橋義歯の名の由来です。)人工の歯をかぶせて、咬める様にする方法です。セメント(接着剤)でくっつけてしまうので、自分の歯と同じ様に咬めます。しかし、両隣あるいは片側に自分の歯がなければできないのと連続して何本分もの歯がないところは難しいです。また、自分の歯が何本かなければできませんし、時には、むし歯でない歯も削ってかぶせる必要があります。

インプラントは、1本でも何本でも必要な本数だけ骨(顎)に埋め込む事ができます。しかし、骨粗鬆症や骨の厚味のない人、全身的疾患のある人(病気によりますが。)、また、歯ぎしり等、咬み合わせに問題のある人は、インプラントができないか、あるいは、長くもたない可能性があります。また、歯みがき等のメインテナンスのできない場合も同様だと思います。それと、インプラントは特別な金属と加工技術が必要ですし、手術や器械も特殊なものを使いますので、高額な治療になります。手術の適否。本数(金額)について、よく御相談なさることをおすすめします。