L8020乳酸菌

8020と言うと、どこかで聞いたことがあるかもしれませんが、
歯科業界では、80歳までに、自分の歯を20本残すという標語(キャンペーン)として定着しています。

この乳酸菌は、口のなかの虫歯菌や歯周病菌のどちらにも、劇的に抑制効果があることが発見されたということです。
発見したのは広島大学の二川教授という先生で、8020運動に貢献できるという意味で、「 L8020 」と命名したそうです。
他に、歯周病に効果があるということで、「 LS1 」という乳酸菌が知られていますが、「 L8020乳酸菌 」は、歯周病菌にも、虫歯菌にも、どちらにも効果が高いという点で、画期的な発見です。

9月6日に、NHKの「サキどり」という番組で紹介されていたので、今回のコラムでとりあげました。
以前、食事後30分以内に歯を磨いてはいけない。という極端な報道がなされて業界が混乱しました。

今回も、広島大学教授、NHKというオーソリティーと影響力を考えて、とりあげましたが、
マスコミと営利企業の宣伝は、話半分くらいに聞いておいたほうがよいと思います。

薬剤なんかでよくあることですが、何年かして、あまり効果がなかった、思いがけない副作用があったということもあります。

口にするものですから、毒にはならないと思いますが、過大な期待をしない方が良いと思います。
今後の評価に注目しています。