雷鳥


大学を卒業して以来、はじめて長野(伊那)の実家に帰省しませんでした。嫁さんの実家(山梨)にも帰りませんでした。
こんなにのんびりした年末年始ははじめてでした。

ボーとしてケーブルテレビを見ていたら、2013年度放送の「NHKBS1・実践!にっぽん百名山・北岳」を放送していました。
(本当に年末年始だったかすら、記憶があいまいですが。)

その番組のなかで、絶滅が危惧されていた雷鳥の生息が確認されたことを放送していました。
驚くやら、懐かしい気持ちでいっぱいになりました。
人工孵化がうまくいかないというニュースが流されたこともあって、よくぞ生きていた!と思いました。

私が雷鳥を見た記憶と可能性があるのは、6回あります。1回目は、以前コラムに書いた、中学の恒例木曽駒登山の時ですが、記憶にありません。2回目~4回目の個人的木曽駒登山ですが、カモシカを見た記憶しか残っていません。当時は既に、絶滅していたのだと思います。

5回目は、白馬岳です。今でも雷鳥は生息しているようですが、直接見た記憶がありません。
6回目が北岳です。当時、登山の時は、必ずカメラを持って行くのですが一枚も写真がありません。おそらく忘れたのだと思います。白馬岳と北岳に雷鳥がいて、白馬岳で見た記憶と写真がないとすれば、北岳で見たということになります。雷鳥は人を見ても、恐れない、逃げないと言われていますから。
白馬岳だったら、写真を撮っていたと思います。

今年の年末年始のささやかな出来事でした。