3DS(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)について

週刊新潮11月23日号の記事に、「3DS」についての記事があったので解説します。

といっても、記事を読んでいただければ概要は理解できると思いますが、簡単に言えば、マウスピースの内側に歯周病の予防薬を入れて歯周病の予防・治療をするという原理ですが、歯周病の予防薬の代わりに、フッ素塗布用ジェルを使えば、虫歯予防(フッ素塗布)に使えることは、以前から、フッ素塗布のトレー法というやり方で行われていました。
逆に言えば、このトレー法を歯周病予防に応用して、「3DS」と名付けたと言ったほうが正しいかもしれません。

当院のホワイトニングも、漂白剤をトレーに入れるという意味で、トレー法あるいは、「3DS」と言っていいと思います。

以前に、フッ素塗布法による虫歯予防効果は、単独では、40%~60%位と述べたことがあります。
やはり、ブラッシングやキシリトール・食生活改善など「3DS」と併用することが大切です。
歯周病予防・治療としての「3DS」も、一般的な歯周病治療や定期健診との併用が必要だと思いますし、実際にその一環として実施されているだろうと思います。

週刊新潮にも、約10万円と書かれていましたが、「3DS」は、自費治療です。