「iQOS」について

以前のコラムの「歯周病2題」で、「iQOS」にふれましたが、米食品医薬品局(FDA)は、米国内での販売は、いまだ許可していないそうです。
厚労省は、3月、「加熱式たばこの主流煙に有害物質が含まれているのは明らか」とする見解を示した。と朝日新聞に掲載されました。(6月11日)

にもかかわらず、厚労省は「iQOS」他の加熱式たばこを販売中止にする気はない様です。
「iQOS」他の加熱式たばこの害が実証され、被害者が出るまで販売を容認し続けるのでしょうか?

以前、他のコラムで、たばこの害による医療費より、たばこ販売による税収が上まわるという新聞記事を転載しましたが、本当に今のままでいいのでしょうか?

厚労省は、国民の健康を守るのが仕事で、業界の利益の為にするのは、他省庁の役割だと思うのですが。