インプラント

  • HOME
  • インプラント

当院のインプラントは負担の少ない1回法です!

インプラントとは、「入れ歯」や「ブリッジ」、あるいは「差し歯」に代わる治療法として開発された、新しい治療法です。歯が抜けたとき、抜けた歯の代わりに自然の歯に近い人工の歯を入れることをいいます。
これによって自然に近い、より美しい歯を取り戻し、おいしく物を食べられます。
さらに、健康と美容のためにもインプラント治療を考えてみましょう。

当院のインプラント(AQBインプラント)とは・・・

当院のインプラント(AQBインプラント)とは・・・

「原産」日本
「製造」アドバンス社
「手術」1回法
「性状」HAコーティング

AQBインプラントはアドバンス社が製造している、国産のインプラントです。
手術は1回法で治療期間は約2ヶ月と、患者様にとって負担が少ないことが特徴のインプラントシステムです。
AQBインプラントは1994年より販売が開始されましたが、値段の安さ、患者様への負担の少なさから、2006年まで12年間の間に販売実数が110倍になっています。

インプラントとは?

歯が失われた場所に歯の根に代わるもの(人工歯根)を埋めておき、それが骨としっかり付いた段階で人工の歯を被せ、天然の歯が生えていた頃と同様の機能性と美しさを回復させる治療法です。素材はチタンで金属アレルギーの心配がほとんどなく、骨と一本化する性質があります。部分的に抜けている方も、すべての歯が抜けてしまっている方にも最適な治療法です。

インプラント治療の流れ(2回法の場合)

ここでは代表的な治療方法をご紹介しますが、この他にもいくつかの治療方法があります。

インプラント治療の流れ(2回法の場合)

インプラント治療はこんな方におすすめ

一番奥の歯が抜けていて、ブリッジができない。
抜けている歯の数が多く、ブリッジでは支えきれない。
ブリッジをするために健康な歯を削りたくない。
審美的に入れ歯を使うのに抵抗がある。
入れ歯の脱着がわずらわしい。
入れ歯が気持ち悪くて装着できない。
入れ歯が合わなくなった。
交通事故の外傷などで歯を失ってしまった。

※インプラント治療が適さない場合もあります。インプラント治療をご希望される方は、まず歯科医に相談してください。

インプラントの寿命

インプラントは歯茎となじみがよく、腐蝕しにくい丈夫なチタンを使用していますが、インプラント治療後のメインテナンスを怠ると天然の歯と同様、歯槽膿漏の状態になり、インプラントが抜け落ちることがあります。インプラントをする人は、特に口の中の衛生状態に気をつけ、きちんと定期健診を受けることが、長持ちさせる秘訣です。

インプラントQ&A

Q.インプラントは何歳までできる?

A.骨の状態がよければ80歳を超える人でも治療可能です。

Q.どのくらいの期間でできるの?

A.本数、処置の仕方、本人の骨の状態によって異なります。

Q.入院の必要はありますか?

A.通常健康な方の場合、必要ありません。