歯周病

成人の80%が歯周病!?
早めのチェックと予防で歯周病対策

歯周病は、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。歯と歯ぐきの境目についた歯垢から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えているまわりの組織をじわじわと壊していきます。痛みを感じにくく、気づいた時には大変なことに・・・普段の定期検診と予防対策が大切です!

歯を失う最大の原因です

歯を失う最大の原因です

統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっています。

しかし、35歳になってから突然、歯周病になるわけではありません。
実は、10代から少しずつ進行していき、20数年の歳月をかけて、歯肉をジワジワとゆっくり冒し、歯ぐきから血が出るという自覚症状がでる30代の頃には、もはや歯肉炎・歯周炎になっています。
虫歯と違ってほとんど痛みがないため、気がついた時には抜くはめに・・・

悪化するとこんなにコワい!

歯周病の進行段階は、大きく分けて「歯肉炎→軽度歯周炎→中度歯周炎→重度歯周炎」という4段階に分けられます。ほとんどの人は、〈歯肉から血がでる〉といった自覚症状を感じてからはじめて歯科医の診察を受けにいきますが、このような症状があるときは、かなり悪化した状態なのです。ついつい放っておいて歯周病が悪化し、歯を抜くと多くの障害が出てきます。50代で、自分の歯がほとんどないということにならないよう、日頃から歯周病の予防を是非心掛けたいものです。

歯周病の予防

毎日のブラッシング

毎日、きちんとブラッシングをして丁寧に歯垢を取り除くことが大切です。ただし、「磨いている」と「磨けている」は異なりますので、歯科医にしっかりとしたブラッシング方法を学びましょう。

定期健診

歯垢を放っておくと、石のように固い歯石になります。こうなるともう日常のブラッシングではとれません。少なくとも半年に一回は定期健診に行き、歯石除去と歯の健康チェックをしてもらいましょう。

早めの診療

歯周病は、初期のうちなら完治できますし、かなり悪化しても、現在は治療法の進歩で、適切な治療とセルフケアをきちんとすれば、抜かなくてもすむケースが多くなってきました。少しでも自覚症状があったら、痛みがなくても積極的に診察を受けましょう。

あなたの大切な歯をチェックしてみましょう!

歯周病と全身のかかわり

歯周炎の危険率

ある研究によると、歯周炎による早産、未熟児出産の確率は歯ぐきが健康な人の7倍、また定期的な飲酒者の3.5倍、高齢者出産の2倍にもなるといわれています。また、心筋梗塞の確率も3倍に跳ね上がるとの報告もあります。

脳血栓・脳梗塞

歯周炎の細菌が血管内に入り込むと、血小板がかたまって小さな固まりをつくります。そして、それが血管内を流れ、脳の細かい血管につまると脳血栓や脳梗塞を引き起こす可能性もあります。

誤えん性肺炎

人間がものを飲み込むとき、喉頭蓋(こうとうがい)というフタが気管に食物が入るのを防いでいます。しかし、体の反射力が低下すると気付かないうちに飲みこんだものが肺に入り込み肺炎(誤えん性肺炎)を引き起こすことがあります。この肺炎の病巣から歯周炎の細菌が見つかったという報告もあるので、とくにお年寄りの方は、注意してください。

細菌性心内膜炎など

人間には細菌に対する防御システムがありますが、心臓の弁に障害がある人や人工弁を入れている人は、弁のまわりの血液がスムーズに流れなくなり、滞ってしまうことがあります。すると、この部分では防御システムが働かず、細菌が心臓の内膜に住み着き心内膜炎を起こします。また、歯周炎菌によりできた血小板の固まりが心冠動脈につまると心筋梗塞など多くの心臓の病気を引き起こします。

全身の血管障害

歯周ポケットで増えた細菌が歯ぐきから血液に入り込むと、動脈壁にくっつきます。すると、体の防御システムがその細菌を追い出そうとし、その過程で動脈硬化症を起こすと考えられています。全身の血管に広がれば体のいたるところで、血管障害が起こることも考えられます。

糖尿病

歯周炎の細菌が血液に流れ込むと、体の細胞を刺激してさまざまな活性物質をつくらせます。その中のひとつ(TNTFa)が、すい臓から分泌されるインスリンの働きを弱めることがわかってきました。インスリンの働きが低下すれば、血糖値が上がり糖尿病になりやすくなります。また現在、糖尿病の人に歯周炎があると治りにくくなります。

早産・未熟児出産

母体内の赤ちゃんは、羊水の中にある「プロスタグランジン」という物質が一定の量になったときに生まれます。一部の歯周炎の原因菌が体内に入ると女性ホルモン量が3倍に増加し、洋水の「プロスタグランジン」が急増し、一定量に早く達してしまうのです。その結果、子宮が収縮して早産につながると考えられます。